宝石選びのポイント

婚約指輪の宝石と言えば、多くの人がダイヤモンドを考えるのではないでしょうか。しかしダイヤモンドを選ぶ時にはいくつか気を付けたいポイントがあり、それを知っているとダイヤモンドを選びやすくなります。では、どういったポイントに注目してダイヤモンドを選ぶと良いのでしょうか。ダイヤモンドを選ぶ時の注目ポイントとしては、カラット数と色、透明度とカットという4つのポイントがあり、これらに注目して選ぶようにすると値段などが分かりやすくなるので予算を決める時などにも役立ちます。

カラット数は宝石の重さを指す単位の事で、この数値が大きい程希少価値は高くなります。ただカラット数がイコールで値段に繋がる訳ではなく、カラット数が大きくてもその他の評価が低い場合は値段は控えめになるという事を知っておきましょう。そして色ですが、これは無色になっていくほど値段が高くなり、最高レベルはDカラーとされています。またランクが下がるごとに黄色味が増していき、一番低い物になるとファンシーイエローなど黄色が強い物となります。

透明度に関しては宝石についている傷や内包物の有無によって変わってくるもので、基本的に透明度が高い物ほど値段は高くなります。カラット数が低くても透明度や色が良い物であれば値段は高くなるので、選ぶ時にはそういった部分にも注目してみましょう。そして宝石のカットは値段に大きく関わるもので、5段階のランクにわけられ、ランクが高い程より高い物となります。